活動・パフォーマンス

東京ディズニーリゾートの環境負荷マスバランス

東京ディズニーリゾート関連

以下の図は、2018年度の東京ディズニーリゾート(東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、東京ディズニーセレブレーションホテル、イクスピアリ、ボン・ヴォヤージュ、ディズニーリゾートライン、舞浜アンフィシアター)の事業活動に伴う環境負荷を大まかに示したものです。東京ディズニーリゾートの事業活動には、エネルギー管理や水処理、廃棄物管理・リサイクルなど、ひとつの街のような多様な機能が含まれています。そのため、事業活動が与える環境負荷の低減には、さまざまな環境側面を考慮する必要があります。
外部から事業活動に投入されるもの(インプット)としては、エネルギー(電気、都市ガス、燃料類)、水(上水)のほか、各種物品、機材、食材などがあげられます。また、事業活動の結果として排出されるもの(アウトプット)としては、CO2、下水道への排水、廃棄物(有価物を含む)などがあります。

環境データのカバー率

環境データは、OLCグループの事業領域(テーマパーク事業、ホテル事業、その他事業)のうち、売上高構成比で約98%をカバーしています。

東京ディズニーリゾートの環境負荷マスバランス(2018年度)

CO2排出量の推移

経年データ

インプット(投入) 2016 2017 2018
エネルギー
使用量
電気(千kWh) 263,800 260,000 263,200
都市ガス(千m3) 25,100 25,100 25,900
燃料(kℓ) 1,300 1,400 1,500
取水量 総取水量 4,387 4,261 4,482
上水(千m3) 3,400 3,400 3,600
自社設備でのリサイクル水
(千m3)
987 861 882

アウトプット(排出) 2016 2017 2018
Co2排出量 スコープ1(t) 60,000 60,000 62,000
スコープ2(t) 130,000 123,000 122,000
スコープ1+スコープ2(t) 190,000 183,000 184,000
水放出量 総放出量(千m3) 3,812 3,588 3,715
下水:水処理施設(千m3) 2,700 2,600 2,700
海(千m3) 125 127 133
自社設備でリサイクル量
(千m3)
987 861 882
廃棄物排出量 有価物を含む総量(t) 24,400 25,300 26,200
リサイクル量 18,100 19,100 19,600
リサイクル率 74% 75% 75%

*電力のCO2排出量計算には、東京電力の調整後係数を使用しています。
*2017年度より、輸送起源CO2を含めています。