方針・規定

女性活躍と両立支援に関する基本的な考え方

株式会社オリエンタルランドでは、一人ひとりが経験を重ね、能力が最大限に発揮できる環境づくり、すなわちインクルージョン(*)を高めていくということを重視しています。

2021年度に管理職に占める女性従業員の割合を15%以上にすることを目標に掲げ、研修教育の充実化を推進するほか、育児や介護などでキャリアが中断しないように両立を支援する制度を整備しています。

 

*多様な人財を取り入れるだけではなく、一人ひとりの能力を最大限に発揮できる環境づくり

 

活動・パフォーマンス

女性活躍の推進

株式会社オリエンタルランドではすべての従業員が安心して働ける環境づくりを進めており、男女が分け隔てなく働く社風のもと、多くの女性従業員が活躍しています。
現在では、社員の男女の勤続年数の差は4.8年、社員の女性比率は43.1%、準社員など社員以外の女性比率は76.4%となっています(2019年3月末現在)。
今後も、これまで以上に女性が力を発揮しやすい職場づくりに配慮しながら、男女分け隔てなく能力を開発し、キャリアが継続できるよう支援します。

勤続年数男女差(単体社員)

2018年3月末 2019年3月末
女性 13.2年 13.1年
男性 18.3年 17.9年
5.1年 4.8年

女性比率(単体従業員)

2018年3月末 2019年3月末
社員 41.8% 女性 1,405人
男性 1,855人
女性比率 43.1%
社員以外 77.0% 女性 16,998人
男性 5,248人
女性比率 76.4%

両立支援施策

株式会社オリエンタルランドでは、従業員が仕事と子育ての両立を図れるよう、さまざまな制度を整えています。
育児休職は、男女ともに子どもが1歳を迎える前日まで取得が可能であり、事情に応じて1歳6ヵ月を迎える日もしくは2歳を迎える日(4月生まれは2歳を迎えてから最初の4月30日)までの延長が可能です。
復職後は、育児時間、育児のための勤務時間短縮、所定外勤務の免除、深夜勤務の免除、休日勤務の免除、子の看護休暇などの制度を利用できるほか、2016年度には主にシフト制業務に従事する共働きの社員を対象にした育児補助金支援施策を導入しました。

これまでの取り組み事例

取り組み

概要

育児休職前セミナー

(定期開催)

育児休職に入る社員を対象に、3ヵ月に一度開催。休職前の事前準備や休職中の過ごし方を伝える

復職支援セミナー

(定期開催)

育児休職中の社員を対象に、毎年1回(2~3月頃)開催。安心して復職していただくために、復職後の会社支援内容について理解を深めるとともに復職後のキャリア形成について考える機会を提供する

管理職層を対象とした研修

(不定期開催)

組織の多様なメンバーをマネジメントするうえで大切なことを考える機会を提供する。

  • 2016年度:ダイバーシティ・マネジメントフォーラム
  • 2017年度:介護にフォーカスしたセミナー