方針・規定

人財教育に関する基本的な考え方

OLCグループでは、経営姿勢にある「個性の尊重とやる気の支援」の実現のため、従業員が自己実現を図るための機会の提供や、能力開発を支援するためのさまざまなプログラムを実施しています。

また、雇用区分を超えた社内でのステップアップを促す仕組みとして、準社員から社員への登用制度の整備や、キャスト自身のキャリアを考える場の提供など、社内外に向けたキャリア支援を実施しています。
従業員一人ひとりの育成を通じて、当社の事業価値向上はもちろん、日本のサービス業や観光業へも貢献していくこと、また人財力の強化を通じて、当社の長期的な経営の方向性として掲げる「コア事業の長期的な成長」の実現を目指します。

社員

個人の自律やチャレンジ意欲を一層高めるとともに、各事業のプロフェッショナルな人財を育成する「自律・プロ化の支援」を育成方針としています。
また全社員に、これまで培ってきた人財の強みである「より良く」を求め続けるチャレンジ意識や、最後まで諦めることなく徹底して「やり切る」姿勢、一人ひとりがみずからの責任を全うしたうえで「一丸となって」組織としての力を発揮する行動を『OLC人財のありたい姿』として定め、各人の役割やキャリアのステップに応じた各種の教育プログラムを整備しています。
また、メンバーの把握、育成計画の策定、業務アサイン、育成・支援、評価振り返りという育成サイクルを整備し、キャリア面談や評価面談を実施しています。

準社員

キャスト本人がゲストのためになっていると実感できる「自己効力感」と、キャスト自身も成長を感じる「成長実感」の2つの側面から、活き活きと働ける組織風土の醸成を行うことで、さらなるキャストの成長につながると考え、教育プログラムの整備や監督者への支援体制を含めた環境整備に取り組んでいます。

体制

教育体系とキャリアアップ制度

当社では従業員一人ひとりがみずから考え役割を果たすことで、「オンリーワンのホスピタリティ」を実現することを目指し、役割に応じた育成方針や処遇体系を構築しています。

全従業員が、その役割やキャリアにかかわらず、入社時にディズニーのフィロソフィー(哲学)やディズニーテーマパークについて学ぶプログラムを受講しています。

また、階層やグレードに応じた研修プログラム、留学制度や海外研修など従業員のキャリアを支援する制度を整えています。

活動・パフォーマンス

研修プログラム

社員

それぞれの事業の核となる人財、社外でも競争力のある人財となるよう、仕事や研修プログラムなどを通じて人財の育成に取り組んでいます。
企業として成長を続けていくには、「人の成長」が欠かせません。従業員一人ひとりが、みずから考え判断し、行動できる資質・能力を開発すれば、組織は必ず成長できると考えています。
私たちは、組織と個人がともに成長する機会を提供するために、従業員一人ひとりの能力開発を最大限支援しています。研修プログラムは、その重要な支援策のひとつです。

研修概要と制度

社会人としての基盤をつくるための、若手社員を対象とした研修と、従業員それぞれの役割やキャリアにあわせた研修があります。また、個々人のキャリア形成・成長をサポートするための制度を用意しています。

若手社員を対象とした研修
(入社1・3年)
  • 新入社員研修
  • フォローアップ研修
  • ビジネスフレームワーク研修
全社員を対象とした研修
 
  • 役割/階層に応じた研修
  • 自己啓発研修(希望制)
    など

若手社員を対象とした研修(入社1・3年)

名称

内容

新入社員研修

当社の事業理解やテーマパーク実習などを通じて、オリエンタルランドの社員の役割を理解し、その役割に必要な基礎知識を習得する研修。ディズニーフィロソフィーからビジネス知識まで幅広く学ぶ

フォローアップ研修

入社1・3年目の社員を対象に、それまでの業務の棚卸と、さらなる成長を加速させることを目的に行う研修

ビジネスフレームワーク研修

実務で必要なビジネススキル・知能を習得するための研修

内容:ロジカルコミュニケーション/数的思考/仕事の進め方

成長のきっかけをつくる制度

名称

内容

自己申告制度

自身の持っている「価値観」や伸ばしたい「能力」、「実現したいこと」をベースに、今後のキャリアを考え、上司との面談の中で申告する制度。申告内容は人事の担当者にも共有される

仕事チャレンジ制度

みずからのキャリアを主体的に考え、新しい職務にチャレンジしようとする従業員のキャリア実現を支援するために、現在の業務領域にて成果を出していることを前提に、自身の思う「みずからの能力・スキルを活かし貢献できるフィールド」へ異動するチャンスをつくる制度

社内人財公募制度

主に専門性・特殊性が高い業務や新規事業において人財の募集があったときに、業務内容にあった能力・スキルを持っている従業員が応募することのできる制度

留学制度

留学後に業務に還元できる分野であれば、広く教育機関に類するものが対象(公募制)

全社員を対象とした研修

名称

内容

役割/階層に応じた研修

役割や階層に応じて必要な知識・スキルを体系的に習得することを目的とした研修

自己啓発研修(希望制)

従業員の「みずから学ぶ意欲」を支援。新たな分野の知識習得や日常業務のスキル向上、弱みの克服に有益な通信講座や語学学習など。受講にあたり、費用の一部を会社が補助

準社員

テーマパークの発展には「キャストの成長」が欠かせません。
キャストの目指すゴール「We Create Happiness」に基づき、ディズニーフィロソフィー(哲学)やキャストとしての行動規準について学ぶ導入研修教育プログラムを全キャスト対象に実施しています。このほか、配属後には、OJT(実地トレーニング)を含む部門ごとのトレーニングを実施しています。さらに、業務内容や習熟度合いに応じた5段階のステップアップ制度や、トレーナーとして後輩を育成する役割を担う制度、海外研修などのディズニー教育プログラムがあります。
2016年度から実施している社外体験学習は、毎年8プログラム前後、約320名の受講生が、異業種体験やワークショップにより、プロとして働く意識を高めて自身のキャリア形成に役立てています。
さらに、キャストが日常の業務の中で認められる機会や効果的なフィードバックを受ける機会が得られるよう、認め・称える活動や評価項目の見直しなど、環境整備を行っています。

キャリア支援

2018年10月に、「OLCキャリア・カレッジ」を開校し、各種セミナーやワークショップ、キャリア相談などを通じて、社会人としてのキャリア形成にもつながる成長支援をさらに強化しています。利用者からは、「キャストの強みがわかった」「キャリアを考えるきかっけになった」との声が聞かれました。

主な研修プログラム

研修名称

内容

教育プログラム

(一部公募制)

  • 入社時の導入研修
  • 各役割、資格に応じた必要な知識・スキルを学ぶ9つのプログラム
  • 海外研修
  • 手話講座
  • 中国文化クラス

部門ごとのトレーニング

職種形態に即した研修、OJT(実地トレーニング)

キャリア支援施策(公募制、2018年度~)

「OLCキャリア・カレッジ」

  • キャリアデザイン研修
  • キャリア相談会
  • 社会人基礎力アセスメント診断
  • 課題解決型プログラム
  • ビジネススキル研修
  • 就活支援セミナー
  • 語学講座