世代を超え、国境を越え、あらゆる人々が共通の体験を通してともに笑い、驚き、発見し、そして楽しむことのできる世界。
「ディズニーランドは、人々に幸福を与える場所、おとなも子供も、ともに生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出をつくってもらえるような場所であってほしい・・・」というウォルト・ディズニーの言葉が基本におかれています。
このあらゆる世代の人々が楽しめる“ファミリー・エンターテイメント”を基本理念に誕生したディズニーランドは、それまでの、子供のためのアミューズメントパーク(遊園地)とは全く異なった、新しい“テーマパーク”として出発。東京ディズニーランドも、その理念を忠実に受け継いでいます。

 

白雪姫やピノキオ、シンデレラやピーターパンなど、半世紀以上にわたって次々に生み出されてきたディズニーの名作は、世界中の人々の心にほのぼのとしたあたたかさと、さまざまな夢を与えてきました。ディズニー・テーマパークは、その世界を実際に体験できるように立体化したものです。人々の心に夢を呼ぶストーリーをショーに演出し、パーク全体をステージとして、ゲストとキャストが一緒に参加し、体験することができる。これがディズニー・テーマパークの魅力の核となっています。
また、従業員がキャスト=出演者と呼ばれる理由もここにあり、ゲストの参加(共演)によってそれぞれのテーマランドのショーも日々新しく完成していくのです。

 

東京ディズニーランドは、シンボルであるシンデレラ城を中心に、パーク内が、冒険や童話、未来など人々に親しみやすいテーマにそって、7つのエリアに分けられています。個々のエリアは“テーマランド”と呼ばれ、アトラクションはもとより、レストラン、ショップ、そして樹木、ベンチやゴミ箱にいたるまで、それぞれのテーマにそって演出され、ひとつのショー・ステージを構成しています。

施設概要

名称

東京ディズニーランド

所在地

千葉県浦安市舞浜

開業日

1983年4月15日

面積

51 ha(テーマパークエリア)

パークの構成

施設数
アトラクション:42   商品施設:50  飲食施設:51

(2017年10月11日現在)

総事業費

約1,800億円

駐車場

約20,000台 (東京ディズニーシー駐車場、臨時駐車場含む)