日本で初めてのディズニーホテルとなる「ディズニーアンバサダーホテル」は、2000年7月7日、隣接する「イクスピアリ」と同時にオープンいたしました。

 

日本で初めてディズニー社のライセンスのもと運営されるこのホテルは、ディズニーキャラクターが生まれ、活躍した1930年代に世界中で人気を集めたアールデコを基調に、当時の華やかで魅力的なホテルをイメージしたデザインになっています。
「ディズニーアンバサダーホテル」は、ディズニー社が持つ、ホテル運営の知識と経験、そして「東京ディズニーランド」の運営によって培われた、当社独自のホスピタリティ精神のもと、ゲストに素晴らしい体験をご提供します。ゲストには、ホテルが複合型商業施設「イクスピアリ」と「舞浜アンフィシアター」に近接しているという利便性に加え、日本国内初のディズニーホテルならではの特別な体験をお楽しみいただけることでしょう。

 

ディズニーアンバサダーホテルでは、パークを訪れる3人のファミリーがひとつの部屋でゆったりと滞在できる客室が、数多く用意されているほか、ゲストのお好みにあわせてさまざまなタイプの客室を設定。アンバサダーフロアでは、専用のラウンジでのゆったりとしたチェックインなど、より快適にご宿泊いただくためのサービスをご提供いたします。

 

また、カジュアルダイニング「シェフ・ミッキー」では、ディズニーキャラクターたちが食卓を訪れる“ディズニーキャラクターダイニング”で、夢いっぱいのお食事をお楽しみいただけるほか、オープンキッチンのデリカフェ「チックタック・ダイナー」では、バラエティに富んだ料理をご提供いたします。さらにロマンティックなチャペルでの挙式をはじめ、ディズニーブランドのホテルならではの夢あふれる結婚式“ディズニー・フェアリーテイル・ウエディング”もまた大きな魅力のひとつです。ディズニーショップ“フェスティバル・ディズニー”では、たくさんのディズニーグッズが並ぶ広い店内で、ゆっくりとショッピングをお楽しみいただけます。

 

「ディズニーアンバサダーホテル」は、「東京ディズニーランド」や、「東京ディズニーシー」を訪れたゲストが、パークでの数々の思い出を持続したままその余韻にひたりたいという夢を実現する場所です。

施設概要

名称

ディズニーアンバサダーホテル

所在地

千葉県浦安市舞浜2-11

経営形態

所有:株式会社オリエンタルランド(土地および建物)
経営・運営株式会社ミリアルリゾートホテルズ(株式会社オリエンタルランド 100%出資の子会社)

開業日

2000年7月7日

構造

地上6階 地下1階

延床面積

約47,000m²

客室数

504室

宴会場

7室(大宴会場 1、中小宴会場 6)

料飲施設

4施設(レストラン 2、デリカフェ 1、ロビーラウンジ 1)

諸施設

チャペル等婚礼施設、ガーデンプール、ディズニーショップほか

総事業費

約650億円(イクスピアリ含む)