方針・規定

エンターテイメントショーの安全に関する方針

東京ディズニーリゾート関連

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのゲストの皆さまに、安全で質の高いエンターテイメントショーをお楽しみいただけるよう、『エンターテイメントショーの安全に関する基本方針』を定めています。

エンターテイメントショーの安全に関する基本方針

「夢」「感動」「喜び」「やすらぎ」を永遠に提供し続けるため、わたしたちは、エンターテイメントショーにおける安全性の維持・向上に真摯に取り組み、安全で質の高いエンターテイメントショーを提供してまいります。

 

  1. 安全に関する法令とわたしたちが設定した「安全に関するガイドライン」などの規定・基準・マニュアルを遵守します。
  2. エンターテイメントショーの開発・設計・施工管理・点検・メンテナンス・運営の各工程において安全を最優先に取り組みます。
  3. 「安全に関するガイドライン」における安全基準をお取引先・協力会社へ提示・徹底し、ショー製作および運営の安全性向上に努めます。
  4. 安全なエンターテイメントショーを提供するために、従業員へ社内教育と啓発活動を行います。

体制

ハード面での安全管理体制

東京ディズニーリゾート関連

安全に関するガイドライン

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは、ゲストの皆さまに安心してショーやパレードをご覧いただけるよう、パレードやステージショーなどのエンターテイメントショー製作物について、『安全に関するガイドライン』を定め、その内容に沿って、設計、施工管理、点検、整備作業を行うことで安全管理を徹底しています。『安全に関するガイドライン』は、『エンターテイメント設備機器の製作・工事管理ガイドライン』と『メンテナンスガイドライン』から構成されています。

『エンターテイメント設備機器の製作・工事管理ガイドライン』では、フロート(山車)やステージ、大道具などの製作を行う場合の安全基準を設定しています。

『メンテナンスガイドライン』では、製作されたフロートやステージ、大道具などの点検周期、点検項目、点検方法などを具体的に定めています。

製作・点検における安全管理体制

東京ディズニーリゾート関連

フロートやステージ、大道具などは『エンターテイメント設備機器の製作・工事管理ガイドライン』に基づいて製作しています。強度計算に基づいた製作物の安全性確保に加え、夜間のフロート走行に問題がないか、ゲストや出演者の安全が確保できる製作物であるかなどの幅広い観点から、すべてのチェック基準を満たすことを確認します。

点検・整備については、プログラムの特性を盛り込んだメンテナンス(日常点検、月次点検、年次点検)計画を『メンテナンスガイドライン』に沿って当社が作成し、その内容に適したメンテナンス専門会社が点検を実施する体制を導入しています。

また、製作物の安全性を適切に判断・管理できるよう技術者を採用し、製作・点検時に配置しています。さらに、設計・構造計算に精通した委託業者による確認体制も整え、チェック機能を強化しています。

オペレーションにおける安全管理体制

東京ディズニーリゾート関連

毎日のショーやパレードの実施前には、テクニカル担当部門とオペレーション担当部門が連携を取り、始業点検を行っています。あらゆるショーやパレードの実施は、当日の風雨などの天候に大きく左右されます。そこで実施にあたっては、当日の運営責任者が事前に天候を確認し、自社ガイドラインに照らして実施可能かどうかを決定しています。

パレードルートに配置されたキャスト
拡大
パレードルートに配置されたキャスト

また、パレードの実施にあたっては、約800メートルのパレード走行区間全体に、入園者数に応じた人数のキャストを要所に配置し、お子さまの飛び出しなどに備えるとともに、緊急時の避難経路確保と誘導に対応できるよう体制を整えています。また、一部のショーでは、同時に1ヵ所にゲストが集中することを避けるために、抽選システムを導入しています。
キャストは、「The Four Keys~4つの鍵~」の行動規準の徹底と定期的な教育を通じて、起こり得る事態を常に予測しながら業務に臨むとともに、緊急時には迅速で的確な対応が取れるよう、意識付けされています。

活動・パフォーマンス

ハード面での安全性向上

東京ディズニーリゾート関連

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」では、夜間に、より安全にフロートが走行できるよう、フロート前方を監視することで安全を確保するシステムの導入を2017年度より順次進めています。

従業員の安全教育

ゲストの皆さまに、安全で質の高いエンターテイメントショーをお楽しみいただけるよう、従業員の安全教育を実施しています。
エンターテイメント部門に配属された従業員が入社1年目に受講する安全体感プログラムでは、実際に不安全な状態を体験しながら、安全についての意識や危険を察知する感度を高めます。これに加え、さまざまなケーススタディを通じて、安全行動を身に付け、職場の安全状態を維持・向上できるよう従業員を育成しています。また、所属員全員が、身体のケアや労働災害を予防するための行動のポイントなどを学ぶ、安全衛生研修も実施しています。