方針・規定

アトラクションの安全に関する方針

東京ディズニーリゾート関連

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのアトラクションは、日々多くのゲストにご利用いただいています。ゲストの皆さまに、いつも安心してアトラクションをお楽しみいただけるよう、『アトラクションの安全に関する基本方針』を定めています。

アトラクションの安全に関する基本方針

「夢、感動、喜び、やすらぎ」を永遠に提供し続けるため、わたしたちは、アトラクションにおける安全性の維持・向上に真摯に取り組み、質の高いアトラクション運営を行ってまいります。

 

  1. 安全に関する法令とわたしたちで定めた基準を遵守します。
     
  2. すべてのアトラクションについて安全に関する施設、手順の改善に努めます。
     
  3. 最高のショーを提供し続けるために、わたしたちはパークオペレーションの安全を常に維持します。
     
  4. 安全対策を全ての従業員が積極的に行えるよう教育します。

体制

安全管理のための監査・社内連携体制

東京ディズニーリゾート関連

アトラクションや施設の安全確保のためには、メンテナンス担当部門とオペレーション担当部門の双方が、プロフェッショナルとしての責任感を持ち、日々誠実に役割を遂行することが基本となります。それぞれの部門のマネジメントは、キャストと日常的に緊密なコミュニケーションを図ることで、小さな変化や不安全の芽を組織として把握し、迅速な判断・対応を行っています。また、管理責任者による現場確認を実施しています。
さらに、ハード面は基準に沿ったアトラクションの点検・整備が確実に実施されているかを監査する安全品質監理室、ソフト面ではマニュアル通りのオペレーションが確実に実行されているかを監査する運営監理部が監査を継続的に実施しています。
アトラクションや施設の安全維持には、メンテナンス担当部門とオペレーション担当部門の連携が不可欠となります。このため、定期的な打ち合わせを実施するとともに、日々の良好なコミュニケーション関係の構築に努めています。

活動・パフォーマンス

アトラクションの安全を確保する取り組み

東京ディズニーリゾート関連

アトラクションのハード・ソフトの両面から安全を追求しています。

ハード面での取り組み ~設計時の安全について~

すべてのアトラクションが、「安全」を最優先として設計されています。特にコースター系のアトラクションでは、セーフティーバーなどの安全装置を設置するとともに、身長などの利用制限を設け、これを厳格に遵守することで安全性をさらに高めています。

また、ゲストの柵越えや飛び出しを想定した設備の設置も進めています。例えば、「トムソーヤ島いかだ」の甲板上の手すりやアメリカ河の水際には防護ネットを、「ガジェットのゴーコースター」や「スペース・マウンテン」をはじめ、すべてのコースター系のアトラクションなどの乗降場には自動開閉ゲートを設けています。

乗車時の安全性を高める自動開閉ゲート
拡大
乗車時の安全性を高める自動開閉ゲート

ハード面での取り組み ~メンテナンス時の安全について~

これらのアトラクションを含む施設全体の点検・整備は、総勢約1,000名に及ぶ技術者(*)がシフトで点検することで安全性を確認・管理しています。法定点検の実施に加え、自社整備基準に基づき、日常点検、定期点検、整備を行っています。その他の点検・整備では、アトラクションで使用されるビークル(乗り物)を自社工場に搬出し、年間約600台の分解整備を行っています。ビークルは分解後に非破壊検査をはじめ各種検査や部品交換を行い、組立後の検査完了後にアトラクションに搬入され、最終の走行テストを経て点検整備が完了します。また、整備基準は、安全な施設維持を行うために、継続的に見直しを行うとともに、点検・整備作業の実施状況の監査を行い安全性の確保に努めています。大規模なコースター系の「ビッグサンダー・マウンテン」や「センター・オブ・ジ・アース」などのアトラクションでは、安全確保のために必要な取り組みとして、一定のクローズ期間を設け、該当する施設全体にわたり非破壊検査などの日常点検以上の徹底的な点検・整備を実施しています。
一定規模以上の地震が発生した場合、アトラクションでは、ゲストが安全に降車できる場所で停止させ、避難通路にて安全に避難できるようになっています。そして、地震規模に応じて設定している点検基準・項目に則り、点検を実施し、アトラクションの安全性を確認します。
また、点検・整備の際に、アトラクション内の入退場をシステムで管理するライド・モーション・プロテクション・システムを導入しました。これは、軌道上などで作業している際に乗り物が稼働することがないようシステム管理するもので、全作業者が退出するまで稼働できないようになっています。

ライド・モーション・プロテクション・システム

*メンテナンスを行う技術者には、株式会社オリエンタルランドの技術本部に所属する社員やOLCグループ内のメンテナンス子会社、協力会社の社員が含まれます

ソフト面での取り組み ~運行時の安全について~

アトラクションを安全に動かすためには、オペレーションを担当するキャストによる安全確認が重要となります。例えば、「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」では、ゲストがシートベルトを締めた後、キャストがシステム上でロックされているかの確認を行ったうえで、さらに、ゲストにシートベルトを引っ張ってもらい、きちんとロックされていることをゲストとキャスト双方で確認する手順を徹底しています。
新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」では、ゲストがシートベルトを装着した後に、キャストはシートベルトのロック状態を座席の上のランプ点滅で確認します。さらにゲストにシートベルトのイエロータブを引っ張るようキャストが声をかけることによって、ゲストとキャスト双方でシートベルトのロックを確認します。また同アトラクションでは子どもの座席からのすり抜けを防止するためにセンターストラップを装備しており、すべてのゲストが安全に楽しめる仕様になっています。
「ニモ&フレンズ・シーライダー」では、ゲストがシートベルトを装着すると、前席のランプが消灯するようになっており、さらにキャストが一人ひとりの装着状態を確認します。
新人キャストは、マニュアルの手順に沿ったオペレーションを身に付けるだけでなく、どんな状況でも柔軟な対応ができるよう、先輩キャストとのOJT(実地トレーニング)を繰り返し、見極め期間を経てひとり立ちします。
また、キャスト教育として、パークオープン前やパーククローズ後などの時間帯を使い、アトラクションを停止させて実施する避難誘導訓練を定期的に行っています。

ゲスト・キャスト双方での確認
拡大
ゲスト・キャスト双方での確認
子どものすり抜け防止
拡大
子どものすり抜け防止
シートベルトのランプ
拡大
シートベルトのランプ
出発前の安全確認
拡大
出発前の安全確認

アトラクションの安全性を高める工夫(2018年度)

「モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!”」
座席のクッションの材質変更を行ったことにより、乗り物の横揺れや、停止した際の身体への負担が緩和され、より安全にご利用いただけるようになりました。

座席のクッションの材質を変更
拡大
座席のクッションの材質を変更

「ワールプール」
乗車中に乗り物の外に腕を出すことを抑制するために、背もたれを高くしました。高くすると、目線の低いお子さまの視界が遮られてしまうため、素材の検討、設計の工夫を重ねることで、ゲストの視界を遮ることなく、背もたれを高くすることが可能になり、より安全にご利用いただけるようになりました。

背もたれを高く改善

安全品質教育

東京ディズニーリゾート関連

従業員に加え、工事などを担当するお取引先にも、安全の確保と品質の向上のための教育を実施しています。
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、一定のクローズ期間を設け、該当するアトラクション全体にわたり非破壊検査などの日常点検以上の徹底的な点検・整備を実施します。その際、従業員と工事を担当するお取引先が、アトラクションのテーマやバックグラウンドストーリーについて学ぶプログラムを受講し、それらに沿った点検・整備を行うことで、ゲストに安全と良質な品質を提供しています。
また、新たに導入したライド・モーション・プロテクション・システムについては、該当する施設を担当する当社従業員や、メンテナンスを担当するお取引先を対象としたトレーニングを実施し、2018年度は2,000人以上が受講しました。