方針・規定

人財に関する基本的な考え方

OLCグループにとって人財とは、テーマパーク事業の価値を創出していくうえでハードへの投資と同様に不可欠なものです。特に東京ディズニーリゾートにおいては、人と人とのふれあいも大切な価値であり、人財そのものが強みの源泉であるといえます。
当社グループは、舞浜で35年以上、人財という社会の財産を預かり、社会に価値を創出し続けてきました。
テーマパーク事業でキャスト約20,000人を雇用しているということは、社会に対して果たす大きな責任を担っています。
人事戦略・アクションを通じて、従業員一人ひとりが成果創出と自己成長をしながら価値を生み続けることが、ゲストのハピネスの創造、OLCグループの価値向上、ひいては社会への貢献につながると考えています。

2020中期経営計画における人財に関わる取り組み

東京オリンピック・パラリンピックの影響や少子高齢化の進行による労働人口の減少を踏まえ、2020中期経営計画では、ソフト(人財力)を強化することで、ホスピタリティを進化させながら並行して省力化を進めています。
また、人財力を強化するための社員の行動要件と育成サイクルの整備を実施したほか、社員が育児や介護を仕事と両立しながら活躍できる環境づくりにも取り組んでいます。
2016年4月には、準社員人事制度を改定し、引き続き「安心、楽しさ、働きがい」の向上を目指し、役割、資格ごとの昇給上限の引き上げ、キャスト同士のつながりを感じてもらえる場づくり、評価基準の改善などに取り組みました。加えて、2019年度下期以降には、新たな雇用区分として、「テーマパークオペレーション社員」を導入します。「テーマパークオペレーション社員」は、テーマパークのオペレーション業務に特化し、最前線でゲストサービスにつながる役割を担います。オリエンタルランドに勤務する「準社員」を中心にすべての従業員の中から、採用条件を満たす希望者を対象に選考します。

活動・パフォーマンス

従業員区分と役割

株式会社オリエンタルランドでは、約26,000人の従業員が、それぞれの専門性を活かして活躍しています。従業員数の2割が、「社員」「嘱託社員」「出演者」です。そして、8割を占めるのが、テーマパークの最前線でゲストをお迎えする「キャスト」として働く「準社員」です。

従業員区分と役割

従業員区分 役割
社員 総合職 テーマパーク事業部門、テーマパークサポート部門、一般管理部門など、幅広い事業領域において働くゼネラリスト
テーマパークマネジメント職 テーマパークの中で働く、オペレーション業務やステージ業務に関わるプロフェッショナル
専門職 技術職や調理職など特定の分野のスペシャリスト
嘱託社員 部門ごとの専門業務を担う
出演者 オーディションにより選出された、テーマパークのショーやパレードに出演するエンターテイナー
準社員 アトラクションでの案内、清掃、飲食施設での接客、調理業務、商品販売や在庫管理など、ゲストのハピネスに直結する、ホスピタリティ提供の中心を担う

 

2019年度下期以降、新たな雇用区分として、「テーマパークオペレーション社員」を導入します。
「テーマパークオペレーション社員」は、テーマパークのオペレーション業務に特化し、最前線でゲストサービスにつながる役割を担い、株式会社オリエンタルランドに勤務する「準社員」を中心にすべての従業員の中から、採用条件を満たす希望者を対象に選考します。

従業員に関する主なデータ

OLCグループの従業員に関する主なデータは、以下の通りです。

連結社員数

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
4,477名 5,433名 5,825名 5,317名

単体従業員数

従業員区分 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
社員 2,236名 3,146名 3,194名 3,260名
総合職 1,571名 1,559名 1,546名 1,516名
テーマパーク
マネジメント職
891名 931名 982名
専門職 665名 696名 717名 762名
テーマパーク社員 866名
嘱託社員 260名 290名 317名 318名
出演者 1,024名 1,057名 1,129名 1,157名
準社員 18,729名 19,353名 19,722名 20,771名

*2016年4月1日より、テーマパーク社員の雇用区分を社員へ移行しています

平均年齢(単体社員)

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
44.0歳 41.5歳 41.5歳 41.3歳

*2016年4月1日より、テーマパーク社員の雇用区分を社員へ移行しています

平均勤続年数(単体社員)

2016年度 2017年度 2018年度
全体 16.3年 16.2年 15.8年
男性 18.5年 18.3年 17.9年
女性 13.2年 13.2年 13.1年

*2016年4月1日より、テーマパーク社員の雇用区分を社員へ移行しています

平均年間給与(単体社員)

2018年度 6,972,330円

新卒採用(単体社員)

2016年4月
入社
2017年4月
入社
2018年4月
入社
2019年4月
入社
大卒計 77名 62名 89名 105名
大卒男 33名 22名 30名 36名
大卒女 44名 40名 59名 69名
短・専門 3名 4名 3名 3名
合計 80名 66名 92名 108名

新卒入社者の定着状況、3年後定着率(単体社員)

2013年4月
新卒入社者
(うち2016年
4月在籍者)
2014年4月
新卒入社者
(うち2017年
4月在籍者)
2015年4月
新卒入社者
(うち2018年
4月在籍者)
2016年4月
新卒入社者
(うち2019年
4月在籍者)
15名(15名) 19名(19名) 30名(29名) 34名(34名)
19名(17名) 20名(20名) 27名(26名) 46名(44名)
3年後
定着率
94.1% 97.4% 96.5% 97.5%

経験者採用(単体社員)

2016年度 2017年度 2018年度
総計 75名 102名 96名
38名 46名 49名
37名 56名 47名

定年退職後の再雇用者数(単体社員)

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
50名 48名 61名 71名

*希望者全員を雇用

女性の役職登用状況(単体)

2016年度 2017年度 2018年度
(2019年3月31日現在)
管理職に占める女性労働者の割合 11.9% 13.9% 13.5%
取締役に占める女性の割合 10名のうち1名(10.0%) 10名のうち1名(10.0%) 10名のうち1名(10.0%)
執行役員に占める女性の割合 18名のうち3名(16.7%) 18名のうち3名(16.7%) 21名のうち3名(14.2%)

労使関係

株式会社オリエンタルランドでは、労働組合「 OFS(オリエンタルランド・フレンドシップ・ソサエティー)」と相互理解、相互信頼を築きながら、労使双方で協議を行い、連携して施策を進め、より良い職場環境づくりに向けて取り組んでいます。
2019年3月現在の組合員数は23,914人で、2017年度より嘱託社員、準社員、出演者も加入しています。
また、2018年度には、各グループ会社にも労働組合が組成されるとともに、当社グループの労働組合で結成される労働組合の連合会である「OGFS(フェデレーション・オブ・オリエンタルランドグループ・フレンドシップ・ソサエティー)」が組成されました。
OLCグループでは労働組合と締結する「労働協約」において、全雇用区分を対象とするユニオン・ショップ制を採用しています。