OLCグループお取引先行動指針

この「OLCグループお取引先行動指針」(以下「本行動指針」という。)は、OLCグループがお取引をする物品や役務の品質管理だけではなく、製造または提供過程においてもお取引先の皆さまとともに社会的責任を果たすべく、その行動指針を定めたものです。

お取引先の皆さまにおかれましては、高い倫理観のもと法令や社会的規範および本行動指針を遵守して事業活動を行うとともに、本行動指針を再委託先にも遵守していただくようお願いいたします。OLCグループにおいても、本行動指針と同様の内容を遵守していく所存です。

また、OLCグループでは、本行動指針の遵守状況のモニタリングを定期的に実施しますので、その場合にはご協力をお願いいたします。なお、モニタリングの結果、本行動指針の不遵守が確認された場合は、その改善に向けてともに取り組みましょう。

1.法令遵守

1-1.法令遵守
事業活動を行うにあたり、高い倫理観をもって、適用されるあらゆる法令その他の社会的規範を遵守すること。

2.製品の安全

2-1.製品の安全性の確保
製品の安全性に関する各種法令、基準を遵守し、その安全を確保すること。

 

2-2.製品の安全性に関する情報公開
製品の安全に関する情報は、適時適切に提供および開示すること。

 

2-3.使用が禁止される物質
法令やOLCグループの定める基準により使用を禁止されている化学物質や原材料を使用しないこと。

3.労働者の安全と人権の尊重

3-1.労働者の安全衛生
労働者の安全や衛生に配慮した労働環境を提供すること。

 

3-2.労働時間
労働者の労働時間について、法令の定めを超過しないよう、適切に管理すること。

 

3-3.賃金・報酬
労働者に対し、各地域の法令で定められた最低賃金を支払い、不当な賃金減額を行わないこと。また、超過勤務についても、時間外勤務手当を支払うこと。

 

3-4.差別
労働者の雇用、処遇にあたり、人種、国籍、性別、年齢、信条、心身における障がいの有無などにより、不当に差別を行わないこと。

 

3-5.児童労働
各国、各地域における、若年労働者に関する法令を遵守すること。また、若年労働者を夜間、または危険な環境において労働させないこと。

 

3-6.ハラスメント
労働者に対する性的嫌がらせ・虐待、身体的懲罰、精神的・身体的強要、暴言による虐待などの過酷で非人道的な扱いを禁止すること。

 

3-7.強制労働
全ての労働者を、その自由意志において雇用し、強制的に労働させないとともに、労働者の合理的な通知による離職の権利を保障すること。

 

3-8.団結権の尊重
労働者が団結する権利および団体交渉を行う権利を尊重するとともに、良好な労使関係を構築すること。

4.公正な取引

4-1.競争制限
公正、透明、自由な取引を阻害する行為を行わないこと。

 

4-2.優越的地位の濫用
優越的な地位を濫用することにより、取引先の不利益になるような行為を行わないこと。

 

4-3.不適切な利益の供与・受領
不適切な利益の供与・受領を行わないこと。

 

4-4.知的財産権の尊重
知的財産権を尊重し、第三者の権利を侵害しないこと。

5.情報管理

5-1.情報セキュリティ
個人情報や機密情報の不正な取得、利用、開示またはこれらの漏洩がないよう、適切な情報管理体制を整えること。

6.反社会的勢力

6-1.反社会的勢力への対応
反社会的勢力との関係を一切持たず、また、これらの勢力に対し毅然とした態度で臨み、要求に屈しないこと。

7.環境

7-1.環境保全
地球温暖化防止、環境汚染防止、生物多様性への配慮等のため、法令その他の基準の遵守はもとより、あらゆる環境負荷の低減に努めること。