2021年10月4日(月)「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」の新ユニフォームの発表が行われました。新しいユニフォームには株式会社オリエンタルランド、株式会社イクスピアリのロゴマークがデザインされており、2022年1月から始まる日本ラグビー新リーグの開幕に向けて機運が高まっています。

 

株式会社オリエンタルランドと株式会社イクスピアリは、2021年8月18日、東京ディズニーランド®/東京ディズニーシー®のオフィシャルスポンサーであるNTTコミュニケーションズ株式会社との間に、同社が運営するラグビーチーム「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」の「スポーツを活用した地域活性化に寄与する」目的に賛同し、スポーツ共創パートナーシップ契約を締結いたしました。
同じ浦安市にあるオリエンタルランドとイクスピアリは、シャイニングアークス東京ベイ浦安のこれまでの取り組みとこれからの取り組みに賛同し、地域社会のさらなる発展に貢献すべく協働いたします。
 

 

■NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」について
日本電信電話株式会社東京支社ラグビー部を母体とし、1976年に発足。NTT再編に伴い、NTT東日本ラグビー部が発足し、その後2007年より「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス」として活動を開始しました。2009年にはラグビートップイーストリーグを制覇、2010年よりラグビートップリーグへ参戦し、現在、最高位はリーグ5位です。
2018年3月に浦安市高洲にチーム活動の中心地として、最新設備を整えたホームグラウンド「アークス浦安パーク」を設立。
そして、2022年より新たに立ち上げられる「JAPAN RUGBY LEAGUE ONE(ジャパンラグビー リーグワン)」に参入し上位進出を目指すとともに、チーム名を「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」とし、地域に愛されるチームを目指しています。


今後の「NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安」の活躍をご期待ください。
 

新しいユニフォーム<br/>©ShiningArcs
拡大
新しいユニフォーム
©ShiningArcs
イクスピアリでのユニフォーム展示の様子<br/>©ShiningArcs
拡大
イクスピアリでのユニフォーム展示の様子
©ShiningArcs
選手達の迫力あるプレー<br/>©ShiningArcs
拡大
選手達の迫力あるプレー
©ShiningArcs