先々の外部環境が不透明であることを踏まえると、現時点では合理的な業績予想の策定が困難であるため、状況が変わり次第策定の上開示を行います。