方針・規定

コンプライアンス体制の徹底

OLCグループ・コンプライアンス行動規範

OLCグループでは、役職員の倫理・法令遵守に関する規範として『OLCグループ・コンプライアンス行動規範』を制定しています。

OLCグループ・コンプライアンス行動規範(2006年4月制定)

OLCグループ役職員は、高い倫理観のもと、法令や社会的規範を遵守し、

 

(1) 安全を何よりも優先します。

(2) 人権を尊重し、差別やハラスメントを防止します。

(3) 公正、透明な取引を行います。

(4) 個人情報を含む秘密情報を厳格に管理します。

(5) 反社会的な勢力に対しては毅然とした対応を行います。

ビジネスガイドライン

OLCグループのすべての役職員を対象に、コンプライアンスを実践するための具体的な行動基準として『ビジネスガイドライン』を定めています。
『ビジネスガイドライン』では、「誠実であること」、「真摯であること」を根底におきながら、あらゆる場面で従業員一人ひとりが強い意志を持ってコンプライアンスを実践する必要があると示しています。

ビジネスガイドラインの構成

  • 安全の優先(期限管理、職場の安全・環境・健康管理、時間外勤務など)
  • 人権の尊重(児童労働・強制労働への関与禁止、人権に配慮した情報発信、あらゆるハラスメント禁止など)
  • 公正な取引(お取引先選定のポイント、独占禁止法、下請法の遵守、贈収賄の禁止、など)
  • 情報の管理(個人情報管理、知的財産の保護、SNS利用の注意点など)
  • 反社会的勢力への対応(要求に屈しない姿勢や対処など)

体制

コンプライアンス委員会

会社経営の適法性確保やコンプライアンス精神の徹底を図るための組織として、社長が指名する者を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、役職員の不正行為または法令、定款に違反する重大な事実を発見したときは、必要な調査を行ったうえで、その都度すみやかに、委員長(社長が指名する者)、社長および監査役に報告を行い、定期的にすべての案件について、コンプライアンス委員会、社長および経営会議、取締役会に報告することとしています。また、社内と社外に当社グループのコンプライアンスに関する相談通報窓口を設置しています。相談通報窓口としての実効性を確保するため、通報者・相談者が不利益を被ることがないよう社内規定で明記しています。

活動・パフォーマンス

コンプライアンスセミナー

コンプライアンスに関する社員教育を年1回実施し、知識と意識の向上を図っています。具体的には、外部講師を招いてのセミナーの開催や、社員の職位に適した内容のコンプライアンス教育を展開しています。
特に管理職に対しては、社内外におけるコンプライアンス関連事案を自組織に置き換え、問題点の追及およびアクションプランを立案するセミナーを継続的に実施しております。

コンプライアンスアンケート調査

コンプライアンス遵守状況の定点調査および違反状況の実態把握を目的として、定期的に従業員へのコンプライアンスアンケート調査を実施し、継続的なモニタリングを行っています。