OLCグループのCSR

1960年、国民の文化・厚生・福祉に寄与することを目的に、株式会社オリエンタルランドは設立されました。その後、米国ディズニーランドを日本に誘致する活動を始め、1979年ウォルト・ディズニー・プロダクションズ(当時)とライセンス契約を締結し、1983年には東京ディズニーランドが開園しました。
当社が社会に提供し続けてきたのは、ほかのどの場所でも体験できない「ハピネス(幸福感)」です。
テーマパークからテーマリゾートへの展開、そしてその他の事業を加え、OLCグループの事業は拡大してきましたが、「ハピネスの提供」を起点に、「夢、感動、喜び、やすらぎを提供し、心の活力を創造すること」が社会に向けた提供価値であるということは変わりありません。

 

当社グループは、「自由でみずみずしい発想を原動力にすばらしい夢と感動、人としての喜び、そしてやすらぎを提供します」という企業使命のもと、夢、感動、喜び、やすらぎを提供し続けることによって、「心豊かな社会、夢あふれる未来」の実現に寄与したいと考えています。当社グループの捉えるサスティナブル(持続可能な)社会、すなわち「心豊かな社会、夢あふれる未来」とは、人々の心が夢、感動、喜び、やすらぎに満ちあふれ、心豊かな時間を過ごすことができる社会です。
このような社会の実現に寄与するために、「大事にしたいこと」に取り組んでいくこと、それがOLCグループのCSRです。

ステークホルダー・エンゲージメント

当社グループは、お客さま、従業員、株主・投資家、スポンサー企業、お取引先、ライセンサー・提携先、協働先、地域社会、行政の皆さまとの直接的な対話を重視して、日々の事業活動を推進しています。
またCSR視点で潜在的な課題を把握し、広く社会のニーズに対応することが重要だと考えています。そのため、CSRの専門家など有識者にさまざまな視点からご意見をいただき、活動やレポーティングに反映するステークホルダー調査を毎年実施しています。

CSR推進体制と中期計画

OLCグループは、株式会社オリエンタルランドにCSRを主管する組織として「社会活動推進部」を置いています。社会活動推進部は、「環境対策委員会」などの既存の委員会や各部門、グループ会社と連携しながら、OLCグループ全体のCSRを推進しています。また、当社グループ内の各組織にCSR担当者を選任し、情報共有や理解促進活動、従業員参加による社会貢献活動などを進めています。
また、OLCグループでは、「OLCグループCSR方針」に基づく2016年度までの中期計画に沿ってCSRを進めています。5つの「大事にしたいこと」のそれぞれについて、長期的に目指す姿、中期的な重要課題、中期の活動ガイドラインを策定し、年度ごとに目標を設定し、目標達成に向けて取り組んでいます。今中期においては、テーマパーク事業におけるCSRの推進をはじめ、従業員向けのCSR理解促進ツールの発行、環境マネジメントのさらなる推進などが盛り込まれています。
従業員に対しては、CSRの事例を読みやすくまとめたWebマガジンの発行や、自社の取り組みをパネルで紹介する社内展示会などの啓発活動を継続的に実施しています。
さらに、OLCグループでは、社会的責任に関する世界初の国際規格であるISO26000に照らして、CSRにおける現状の課題と今後の取り組みを検討し、中長期的に検討すべき点についても整理しました。課題として見出された点については、今後の中期計画への反映を検討していくほか、今後も新たな取り組みの検討や目標設定に役立てていきます。