ハピネスとホスピタリティ

東京ディズニーリゾート関連

OLCグループは、テーマパーク事業を通じて、「ハピネス」を提供し続けています。

 

ディズニーテーマパークのハピネスは、ショー、パレードやアトラクションのクオリティの高さ、ディズニーの世界を全身で感じ楽しむことのできる魅力的な空間、安全で清潔な環境・施設などハード面へのこだわりのみでは生み出すことができません。ハピネスの提供に欠かすことができないのは、テーマパークで働くキャストの「ホスピタリティ」です。
ウォルト・ディズニーは、「人は誰でも世界中で最もすばらしい場所を夢に見、創造し、デザインし、建設することはできる。しかし、その夢を現実のものにするのは、人である」という言葉を残しています。どんなにすばらしいテーマパークをつくっても、それだけではゲストにハピネスを提供することはできません。
キャストのホスピタリティとは、ゲスト一人ひとりがどのような期待を持っているかを把握し、理解するとともに、その期待に応え、さらには上回るサービスを提供できるよう努めるおもてなしであり、気配りの精神です。多くのゲストにハピネスを感じ、笑顔になってもらいたいという想いが生み出すキャストのホスピタリティは、テーマパークが提供するハピネスの大きな源となっています。

お客さまと社会にハピネスを届ける

ハピネスは、テーマパークで働くキャスト一人ひとりの心に刻まれた大切な言葉です。
当社グループでは、これまでも、すべてのゲストが快適に過ごせる環境づくり、お子さまの健康に配慮したメニューなど、お客さまの社会的視点・ニーズを取り入れてきました。
また、テーマパーク内でゲストが触れることのできる建築、美術、文化、歴史、映像、音楽、植栽やキャストのホスピタリティを通して感じることのできるハピネスは、ゲストを笑顔にし、心を育み人生を豊かにするものと考えています。
これからも、お客さまの価値観の多様化や、環境問題をはじめとするさまざまな社会的関心など、社会的視点・ニーズを意識した事業活動を展開し、お客さまと社会にさらなるハピネスを提供していきます。

多様なゲストが快適に過ごせるように

方針・体制

東京ディズニーリゾートでは、テーマパークを訪れるすべてのゲストが楽しく、利用しやすい環境づくりを目指しています。
テーマパークには、さまざまな言語を使う方、障がいのある方や怪我などによって一時的に体の機能が低下している方、高齢の方や妊娠中の方、食事に制限のある方など、多様なゲストが訪れます。施設や支援ツールの整備、キャストによるサポートを通じ、快適で楽しい時間の提供に努めています。

活動・パフォーマンス

多様なゲストへの代表的な対応例

東京ディズニーリゾート関連

多言語対応が必要な

ゲストへの対応

言語や文化の異なるゲストも快適に過ごせるよう、ホームページの多言語化や翻訳アプリの導入などさまざまな取り組みを推進しています。

車イス利用ゲストへの対応 

家族や友達と一緒にアトラクションを体験できるようにしています。

 

車イスのまま乗り降り可能な施設。
[東京ディズニーランド・東京ディズニーシー] 

  • シアタータイプや、一度に大勢のゲストが利用できるトランスポーテーションタイプ(*)のアトラクション 

[東京ディズニーランド] 

  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター 

[東京ディズニーシー] 

  • トイ・ストーリー・マニア! 
  • ジャスミンのフライングカーペット 
  • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ 
  • キャラバンカルーセル 

 

通常の乗降場とは別に、周りの目や時間を気にせず安全に乗り降りできる専用の乗降場を設けている施設。 
[東京ディズニーランド] 

  • プーさんのハニーハント 
  • モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!” 
  • 美女と野獣“魔法のものがたり”

 [東京ディズニーシー] 

  • トイ・ストーリー・マニア!
     

*ウエスタンリバー鉄道、蒸気船マークトウェイン号、トムソーヤ島いかだ、ディズニーシー・トランジット・スチーマーライン、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

視覚や聴覚に障がいのあるゲストへの対応 

視覚に障がいのあるゲストが東京ディズニーランドや東京ディズニーシーの施設の場所を触って確認することのできる触地図、アトラクションやキャラクターの形状を伝えるスケールモデル(模型)を用意しています。 
聴覚に障がいのあるゲストに向けては、手話のできるキャストの配置やアトラクションでの手話通訳サービスを行っています。
さらに、2017年4月に導入した「ディズニーハンディーガイド」は、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、視覚に障がいのある方と聴覚に障がいのある方を対象に、音声と字幕でパーク内の情報を提供しています。
音声ガイドでは、自動的に受信する現在地情報や、周辺の施設情報を音声で案内します。また、2018年12月から一部アトラクションでは、アトラクションの情景を音声で案内する副音声を提供しています。
字幕ガイドでは、一部のアトラクションやエンターテイメント施設の台詞や歌詞をディスプレイに表示します。
ゲストがパーク内で楽しく過ごすことができるよう、支援ツールだけでなく、それを補完するキャストによるサポートも行っています。 

その他障がいや妊娠中などの制限があるゲストへの対応 

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトや「東京ディズニーリゾート・インフォメーションブック」を通じて、障がいのある方や、妊娠中や高齢の方、一時的に体の機能が低下している方などに、パークを効率よくお楽しみいただけるよう、サービスや施設についてご案内しています。

食事に制限のあるゲストへの対応 

東京ディズニーリゾートでは、 ベジタリアンの方や、アレルギーのある方など、食事に制限があるゲスト向けのメニュー対応を行っています。

車イスのまま乗り降り可能なアトラクション
拡大
車イスのまま乗り降り可能なアトラクション
アトラクションの形状を伝えるスケールモデル
拡大
アトラクションの形状を伝えるスケールモデル

お子さまの健康に配慮したメニュー

東京ディズニーリゾート関連

東京ディズニーランドホテルのブッフェレストラン「シャーウッドガーデン・レストラン」では、ランチ・ディナーの営業中、お子さまにも食べやすくしている野菜のパンなどを提供しています。
食が偏りがちなお子さまでも楽しくおいしく食事を摂ることができ、自然と「食育」につながる工夫をしたメニューを体験できます。

*メニューは季節などにより異なります。

東京ディズニーランドホテルの食育につながるメニュー
拡大
東京ディズニーランドホテルの食育につながるメニュー

ホテルでのバリアフリー対応

東京ディズニーリゾート関連

取り組み

内容

アクセシブルルーム

  • 手すりの設置
  • 洗面所スライドドア
  • 低めのベッドの設置
     

【導入ホテル】

  • ディズニーアンバサダーホテル(6室)
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(2室)
  • 東京ディズニーランドホテル(5室)
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル(4室)

ユニバーサルルーム

  • 手すりの設置
  • 洗面所スライドドア
  • 電動でリクライニングが可能なベッドの設置
     

【導入ホテル】

ディズニーアンバサダーホテル(1室)

各種設備の貸し出しリクエスト対応

  • 骨伝導電話機
  • フラッシュベル
  • バスボード


 

東京ディズニーランドホテルのアクセシブルルーム
拡大
東京ディズニーランドホテルのアクセシブルルーム