方針・規定

ノーマライゼーションの考え方

東京ディズニーリゾート関連

東京ディズニーリゾートでは、ノーマライゼーション(*)の考えのもと、テーマパークを訪れるすべてのゲストが楽しく過ごせる環境づくりを目指しています。
テーマパークには、障がいのある方や怪我などによって一時的に体の機能が低下している方、高齢の方や妊娠中の方など、さまざまなゲストが訪れます。施設や支援ツールの整備、キャストによるサポートを通じ、快適で楽しい時間の提供に努めています。

*障がいのある人を特別視せず、一般社会で普通の生活が送れるように環境を整えるという考え方

活動・パフォーマンス

バリアフリーへの取り組み

東京ディズニーリゾート関連

東京ディズニーリゾートでは、東京ディズニーランドの開園当初から、バリアフリーの取り組みを行っています。
ゲストの声に耳を傾けるとともに、外部の障がい者団体などの意見を参考にしながら、施設や支援ツールの整備に取り組んでいます。
今後も1人でも多くのゲストが楽しく過ごせる環境の整備に継続的に取り組んでいきます。

バリアフリーに配慮した施設

東京ディズニーリゾート関連

車イスのまま利用できるアトラクション

車イスのまま利用できるアトラクション
拡大
車イスのまま利用できるアトラクション

シアタータイプや一度に大勢のゲストが利用できるトランスポーテーションタイプ(*)のアトラクションのほかに、東京ディズニーランドの「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」、東京ディズニーシーの「トイ・ストーリー・マニア!」「ジャスミンのフライングカーペット」「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」「キャラバンカルーセル」では、ご家族やお友達と一緒にアトラクションを体験できるよう、車イスのまま乗り降り可能な形状の乗り物を導入しています。
また、東京ディズニーランドの「プーさんのハニーハント」「モンスターズ・インク “ライド&ゴーシーク!”」では通常の乗降場とは別に、周りの目や時間を気にせず安全に乗り降りできる専用の乗降場を設けています。

 

*ウエスタンリバー鉄道、蒸気船マークトウェイン号、トムソーヤ島いかだ、ディズニーシー・トランジット・スチーマーライン、ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

車イスのまま利用できるプラットホーム

プラットホームの床をかさ上げすることで、車イスのまま利用できるように
拡大
プラットホームの床をかさ上げすることで、車イスのまま利用できるように

東京ディズニーランドの「ウエスタンリバー鉄道」では、一部プラットホームの床のかさ上げや客車の改造により、車イスのまま乗り降りできます。

すべてのゲストがお買い物をしやすい環境整備

車イス利用ゲストや小さなお子さまがご自身で好きなものを購入できるよう、レジカウンターの高さ(900mm)、通路の幅(900mm~1,200mm)を拡幅することでユニバーデルデザインにしています。

レジの待ち列スペースの拡幅で、車イス利用ゲストに配慮
拡大
レジの待ち列スペースの拡幅で、車イス利用ゲストに配慮

多機能レストルーム

多機能レストルームのサイン
拡大
多機能レストルームのサイン

東京ディズニーリゾートには、車イス・電動車イスをご利用の方や、広いスペースが必要な方、オストメイトシンクをご利用の方が使用できる「多機能レストルーム」があります。
多機能レストルームには、同伴者と一緒に入る場合に利用者のプライバシーを守るためのカーテンを設置しています。
また、はね上げタイプの手すりは、レストルームによって左右設置場所を変更することにより、さまざまな症状の方にご利用いただきやすいようにしています。
さらに、子どものおむつ替えだけでなく、高齢の方や障がいのある方を含む、より多くの方が利用できる多目的シートを設置しています。
多機能レストルームの詳細については、ご来園前にゲストがご自身にあうレストルームをご確認いただけるよう、「インフォメーションブック」で紹介しています。

そのほか、以下のような施設を用意しています。

対象 施設
車イスをご利用のゲスト 車イスを搭載できる乗り物、スロープ、エレベーター、
車イスご利用ゲスト対応レジ、多機能レストルーム、
車イスをご利用の方のショー観賞スペース

バリアフリーに配慮した支援ツール

東京ディズニーリゾート関連

ガイドマップの改良

2018年4月より、色覚の多様性に配慮しガイドマップを改良しました。

改良前と改良後のガイドマップ
拡大
改良前と改良後のガイドマップ

ディズニーハンディーガイドの導入

2017年4月に導入した「ディズニーハンディーガイド」は、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで、視覚に障がいのある方と聴覚に障がいのある方を対象に、音声と字幕でパーク内の情報を提供しています。
音声ガイドでは、自動的に受信する現在地情報や、周辺の施設情報を音声で案内します。
また、2018年12月から一部アトラクションでは、アトラクションの情景を音声で案内する副音声を提供しています。字幕ガイドでは、一部のアトラクションやエンターテイメント施設の台詞や歌詞をディスプレイに表示します。

ディズニーハンディーガイド
拡大
ディズニーハンディーガイド

バリアフリーに関する情報発信

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトや「東京ディズニーリゾート・インフォメーションブック」を通じて、バリアフリー施設とサービスの情報を発信していきます。
なお、PDF形式の「東京ディズニーリゾート・インフォメーションブック」は、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイトからダウンロードできます。

バリアフリー施設とサービスの情報をまとめた東京ディズニーリゾート・インフォメーションブック
拡大
バリアフリー施設とサービスの情報をまとめた東京ディズニーリゾート・インフォメーションブック

 

 

そのほか、以下のような支援ツールを用意しています。

対象

ツール

車イスをご利用のゲスト

身体障がい者補助犬(介助犬)の受け入れ

視覚に障がいのあるゲスト

ディズニーハンディーガイド、常設触地図、スケールモデル(キャラクター、アトラクション)、インフォメーションCD、触地図ガイドブック、身体障がい者補助犬(盲導犬)受け入れ

聴覚に障がいのあるゲスト

ディズニーハンディーガイド、インフォメーションボード、身体障がい者補助犬(聴導犬)の受け入れ

 

 

視覚に障がいのあるゲストにアトラクションやキャラクターの形状を伝えるスケールモデル
拡大
視覚に障がいのあるゲストにアトラクションやキャラクターの形状を伝えるスケールモデル

キャストによるサポート

東京ディズニーリゾート関連

テーマパークのバリアフリー化は、テーマ性や非日常の世界の雰囲気を維持しながら行う必要があるために、施設面への取り組みに加え、キャストが必要なサポートを適切に提供することが重要と考え、サービス介助士資格取得の推進を行っています。オリエンタルランドでは、資格取得試験の受験料を全額負担するほか、資格取得にかかる手続きのサポート、キャストの教育・研修を実施しています。現在、約450名がサービス介助士の資格を所持しています。

バリアフリー啓発用冊子の導入

バリアフリー啓発用冊子
拡大
バリアフリー啓発用冊子

2019年5月、キャストのバリアフリーに対する知識向上の一助として、キャスト向けの冊子を作成し、好きなときに閲覧できるように各部署に配布しました。冊子では、ノーマライゼーションの考え方や、障がいの症状別対応方法を、イラスト付きでわかりやすく説明しています。また、ゲストからご意見が多かったシンボルマーク、「身体障害者補助犬」などの情報や、ゲストからの声を紹介しています。

手話ピン

手話ピン
拡大
手話ピン

東京ディズニーリゾートには、より多くのゲストとコミュニケーションが取れるよう、手話を学べる講座があります。キャストの自発的な取り組みを促進するために社内認定制度を設け、現在約80名が認定を受けています。勤務シフトや業務内容によって難しいこともありますが、できる限り適切な人員配置をするよう努めています。認定会で合格したキャストは胸に手話ピンを着け、ゲストが識別できるようにしています。

その他のサポートサービス

東京ディズニーリゾート関連

「タートル・トーク」への手話通訳導入

2019年4月より、東京ディズニーシーの「タートル・トーク」にて、聴覚に障がいのある方向けに手話通訳を開始しました。手話通訳キャストの同時通訳で、ウミガメの「クラッシュ」との会話を、健常者のゲストと一緒に楽しめます。「タートル・トーク」での手話通訳は、毎週火・木・土曜日(各日2回)実施しています。

ホテルでのバリアフリー対応

東京ディズニーリゾート関連

ディズニーホテルでは、障がいのある方が過ごしやすいつくりの客室「アクセシブルルーム」や「ユニバーサルルーム」を用意しています。

アクセシブルルーム

施設名 客室数 客室の特徴
ディズニーアンバサダーホテル 6室 ・手すりの設置
・洗面所スライドドア
・低めのベッドの設置
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ 2室
東京ディズニーランドホテル 5室
東京ディズニーセレブレーションホテル 4室
(ウィッシュ2室、
ディスカバー2室)

ユニバーサルルーム

施設名 客室数 客室の特徴
ディズニーアンバサダーホテル 1室

・手すりの設置

・洗面所スライドドア
・電動でリクライニングが可能なベッドの設置

東京ディズニーランドホテル デラックスルーム(アクセシブル)
拡大
東京ディズニーランドホテル デラックスルーム(アクセシブル)

また、骨伝導電話機やフラッシュベル、バスボードの貸し出しリクエストにも対応しています。