社会課題の認識

地球温暖化による気候変動や、水資源、廃棄物、生物多様性など、各種の環境問題に対し、企業が積極的に責任を果たすことが求められています。また、環境に配慮した事業活動を展開することは、企業自身の持続可能性にもつながります。
年間3,000 万人を超えるお客さまが訪れるテーマパークは、ひとつの大きな「街」といえます。この街において、お客さまが安心して快適に過ごせるように、そして、かけがえのない地球環境を次世代につなぎハピネスを提供し続けるために、OLCグループは、真摯な姿勢で環境活動に取り組む責任があると考えています。

OLCグループのアプローチ

OLCグループでは、『環境理念』として、夢と感動を次世代にも提供し続けるために、すべての事業活動を通して地球環境との調和を図ることを掲げています。中でも気候変動に対しては、温室効果ガスの排出を抑制する「緩和」への取り組みとして、2020年度時点でのCO2排出量(原単位)を年平均1%削減(2016年度比)することを目指しています。また、気温上昇などの影響がお客さまに及ぶことを最小限にするための「適応」への取り組みも、推進しています。

取り組み内容