活動・パフォーマンス

OLCグループは、子どもたちに笑顔を届けるさまざまな活動を通して、大規模災害で被災された皆さまへの支援に取り組んでいます。

令和元年台風第15号に関する取り組み

令和元年台風第15号に対する支援として、義援金3,000万円と従業員から集まった募金を千葉県に寄付します。

北海道胆振東部地震に関する取り組み

2018年9月、北海道胆振東部地震に対する支援として、義援金500万円と従業員から集まった募金を日本赤十字社に寄付しました。

平成30年7月豪雨に関する取り組み

2018年7月、平成30年7月豪雨に対する支援として、義援金1,000万円と従業員から集まった募金を日本赤十字社に寄付しました。

東日本大震災、熊本地震に関する取り組み

東日本大震災に対する支援として、2011年度より義援金の寄付や小学校への訪問、中学生・高校生との合同演奏会の実施、学校備品や新小学校1年生への文房具の寄贈などを行ってきました。

熊本地震に対する支援として、義援金の寄付、文房具の寄贈、小学校の訪問や復興イベントへの参加などを行いました。

従業員食堂における寄付つきメニュー

OLCグループでは、2011年11月から毎月2日間、構内7ヵ所の従業員食堂で「WE ARE ONE 心はひとつ スペシャルメニュー」を提供しています。
この活動は、メニューを選んだ従業員からの30円の寄付金に、会社からの同等額の寄付金を加え、被災地の小学校に、それぞれ必要な備品を寄贈するものです。2019年4月までに、計162校(岩手県、宮城県、福島県)への支援を実施しています。
2018年6月、福島県南相馬市の2つの小学校に、書籍や図形用文房具などを寄贈しました。寄贈に際しては、従業員が支援活動に関わることで、より活動の裾野を広げることを目的に、東日本大震災の被災県出身の従業員がボランティアとして活動に同行、みずからの手で子どもたちに寄贈品を届けました。
南相馬市で震災を経験した当社従業員は、「地元である南相馬市に従業員の想いを直接届けることができ、何より子どもたちの喜ぶ顔が見られて良かったです。今後少しでも復興の役に立ちたいと思います」と話しました。
卒業以来の母校訪問となった当社従業員は、「環境の変化や児童数の減少など、未だ震災の影響を色濃く感じました。それでも、元気な子どもたちのたくさんの笑顔に会えて、復興への力を感じました」と話しました。
子どもたちは、並べられた新しい本を嬉しそうに手に取り、校長先生からは、「子どもたちは、あらためてさまざまな人に支えられていることに気づき、感謝の気持ちを持つことができました」と言葉をいただきました。

福島県南相馬市出身の従業員が訪問
拡大
福島県南相馬市出身の従業員が訪問