方針・規定

社会貢献活動に関する基本的な考え方

OLCグループは、企業市民としての責務を果たすため、継続的な社会貢献活動に取り組んでいます。中でも、「夢、感動、喜び、やすらぎ」を提供することを使命とする企業として、“心”に着目した活動に注力し、事業と関わりの深い家族、特に社会の未来をひらく存在である子どもたちを育み、支える活動を大切にしています。

OLCグループは、2008年度に制定した『OLCグループ社会貢献活動方針』において、こうした姿勢を明示しています。

OLCグループ社会貢献活動方針(2008年8月制定)

OLCグループは、未来をひらく「子どもたち」を育む活動を中心に、社会貢献活動に取り組み、いきいきとした家族・地域・社会の実現に寄与します。

 

子どもたちを育む取り組み
子どもたちの知的好奇心や思いやりの心を育む「心の育成」に取り組みます。

 

子どもたちを支える取り組み
さまざまな要因で困難な状況にある子どもたちの支援に取り組みます。

活動・パフォーマンス

子どもたちを育む取り組み

「子どもたちを育む取り組み」については、コミュニティに貢献する活動の一環として、千葉県浦安市内の子どもたちに向け、楽しく遊びながら学べる活動を実施するとともに、積極的な市民交流活動を展開しています。
また、2015年からは全国の小学5、6年生を対象とした「ディズニー・ドリーマーズ・エクスペリエンス」を実施し、子どもたちに夢について考え、夢に向かって努力することの大切さを伝えています。

子どもたちを支える取り組み

「子どもたちを支える取り組み」については、さまざまな要因で困難な状況にある子どもたちを支援するために、施設訪問などの福祉活動や従業員と会社が一体となった寄付活動、「公益財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」との協働による夢をかなえる活動などを実施しています。

これまでの社会貢献活動

OLCグループがこれまでに取り組んできたさまざまな社会貢献活動を紹介します。